朗報です(^o^)

 

睡眠障害が改善!!認知症予防の効果へも期待

 

当店のお客様の体験談です。(自書原文)

                                 植木 彰 様

          4年前から悩んでいた不眠が改善 :-P

 

 若い頃から、夜眠くなればバタンキューとすぐ眠れ、夜9時に寝て朝3時半頃目覚め

目覚めた後は、勉強したり、散歩したりという早寝早起きの「健康」生活を誇って

いました。ところが4年前の春頃からぱたりと眠れなくなったのです。63歳のとき

でした。私の場合は特に入眠障害が中心で、寝床に入っても、いつまでたっても

眠りにつくということができず、ついに明け方になってしまうことがたび重なり

ました。薬は飲みたくなかったので、半年くらいは頑張っていたのですがどうにも

眠れず、ついに睡眠薬を処方してもらうようになりました。睡眠薬は最初はとても

良く効きましたが、次第に作用時間が短くなってしましい、一旦1時頃に目が覚めて

しまうと再び眠ることができず、朝まで悶々とする日が続きました。何とか熟睡感を

得ようと、睡眠薬の種類を増やしてもらい、短期作用型に長期作用型を追加したり

時には漢方薬の併用なども試みましたが効果はありませんでした。

 一般に薬というものは症状を抑えるだけで、病態の根本を直しているわけでは

ないことはよくわかっていましたので、何とか睡眠薬をやめようと睡眠薬を減量

したり中止したこともありましたがやはり不眠はひどく、結局また服用することを

繰り返しました。やはり不眠を起こしている根本を直さなければならないと、

睡眠に関する本をたくさん読み、6時起床、すぐに太陽の光を浴びる、日中は適度に

疲れるように運動する、日中から夕方にかけては交感神経から副交感神経に

切り替わるように激しい作業を避け次第にリラックスする、夕方ゆったりと

入浴する、メラトニンのもとになるトリプトファンを増やすよう牛乳を飲む、など

考えうる限りの生活習慣上の工夫もしましたが目立った効果はありませんでした。

  そのような時に、健康夢空間のパンフレットを偶然目にし、身体の活性化、

免疫機能の向上、強い身体を作る、若々しい身体を保つなどと書いて

ありました。元来好奇心が強く、試すことは何でも試す主義ですので早速

健康夢空間を訪れました。普段の衣服のまま2時間リラックスして寝ている

だけです。岩盤浴とは異なり汗はかかないのですがほのかに身体が温かく

なります。1週間に3~4回の頻度でほぼ1ヶ月、回数としては20回ほど

通ったころから不思議なことに夜9時頃になると強い眠気が訪れ、そのまま

眠れるようになったのです。1週間ほど確認をした後、思い切って睡眠薬を

一気にすべて中止しましたが、うれしいことにストンと眠れるのです。4年も

悩んでいた不眠症が改善したのは予想もしないことでした。また同じく4年前から

あった肩こりも軽くなったようです。ホルミシス効果を起こすメカニズムは、

万病のもとの活性酸素を除去するものだそうです。この調子ですと老化にも

効果があるのではないかなどと期待しています。

 

   植木 彰 様

 植木先生 

【 略 歴 】

希望病院
のぞみ高次脳機能研究所所長

1973年東京大学医学部卒業

自治医科大学神経内科講師、ロンドン大学留学を経て、

89年より自治医科大学付属大宮医療センター神経内科助手、

99年~2011年9月まで自治医科大学付属大宮医療センター神経内科教授、

2011年10月より現職、日本神経学会、日本老年医学会などの評議員を務める。

【 著 書 】

32708277

41swee6dHVL._AA160_

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>